Notice: register_sidebar が誤って呼び出されました。「サイドバー 1」サイドバーの引数の配列で id が設定されませんでした。既定では「sidebar-1」です。id に「sidebar-1」を設定することでこの情報を消して、既存のサイドバーのコンテンツを保つことができます。 詳しくは WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 4.2.0 で追加されました) in /home/verocapo/www/wp-includes/functions.php on line 4778
7月のイタリア ~ややこし~ | ペペロンチーノの作り方

ペペロンチーノの作り方

~エレガンテでクラシコなお店を作る~

7月のイタリア ~ややこし~

記述者 : 店主 - 8月 / 20 /2012

さてさてこの記事からの「7月のイタリア編」、なんとナポリへと向かいますナポリで服飾の真髄に触れようという壮大な計画です(笑)今回の旅のハイライトとも言える3日間でございます。大義名分はさておき、ガッツリ観光と云えなくもないという・・・(笑)。
何はともあれ、そのプロローグとなるこの日、7/3のできごとをどうぞ。

7/3
いよいよナポリへ。
途中のローマで乗客が入れ替わった。車内で、中国人の御婦人ご一行がトランク置くとこがないとまくしたて近くにいた犬がそれに反応して鳴きちらかしそれを静めようと子供が叱りつけ・・・。ちょっとしたカオス

電車で知り合った日本人のご夫婦。お二人は京都出身の、東京在住らしい。結構いろんなところ旅行してはるそうやけど、「やっぱり地中海がお気に入り」とのこと。

ナポリ到着。中央駅周辺はややこしいって聞いてたけど、確かに街並みがややこしそう(苦笑)スラムっぽい。しかもホテルのすぐそばで黒人の露店が通りを埋めてるんで、ビビる・・・。

部屋に着いたら、狭い。まぁそれは気にならんねんけど(笑)、部屋でWi-Fi使われへんわ、セーフティーボックスないわ、クーラーないわ、間接照明だけで暗いわ、姿見はないわ・・・。もしこれでシャワーのお湯出ーへんかったら一昔前のヨーロッパホテルのダメなとこ勢揃い(笑)

お湯出た(笑)

ロビーでネットしてたら、隣の老夫婦カードやらパスポートやらパクられたらしく、電話かけまくってる。バスかなんかの人混みでリュックの中をヤラれたとのこと。気ぃつけなな・・・。

ホテルの人に近くの店を教えてもらって昼食マルガリータ美味。たしかにピエロの看板ある。けど俺の記憶と大分違うねんけどホンマもんか?(笑)もし偽モンやったら笑うけど、俺の記憶のほうがアテにならんか。

中心街を散策。いろんなところ見て回った結論としては、ホテルの周りは危険度Bランク。もっとヤバそうなところいっぱいあった(笑)
多分その辺がB+で、まだ見ぬAランクが存在するはず
でも落ち着いて見てみると、ややこしそうではあるけどどことなく親しみあるかもやっぱ大阪と似てる・・・(笑)

車のスピードとブレーキとクラクションがハンパない。それでも歩いてる人は手で車を制して道路を渡る。もちろん赤信号(笑)
お互いに間を取るというか殺伐とした空気はない。なんというか、強い

ミラノには町中にごみ箱がないけど、ナポリにはある。もちろんナポリのほうが断然汚い。(笑)
なんか一昔前の大阪と、今の大阪を見るよう。今のほうが綺麗やけど、明らかに不便になってる。良し悪しではなく、田舎と都会。街の”洗練”とはこういうことかな。ネズミの話を思い出す

地元の商店に入って、水と牛乳を購入。どちらも1L(笑)
中で商品探してたら、外から子どもがやってきて(たぶん店の息子、8才くらい)、メッチャ嬉しそうに俺の世話を焼いてくれためさ可愛い
また買いに行ってやりたくなる。ちょっと遠いけど(笑)
そして写真撮るの忘れたコトに気づく(苦笑)。
よーし!もっかい行こ!

ホテル周辺に帰ってきたら、露店が店じまいしてた。こうして見ると大分マシ
黒人は自ら商売してんのか、労働力として使われてんのか。そう考えるとアングラ感が和らぐ。
それでも明らかに黒人と身なりの良くない人と中国人多し。この辺りはホテルが安いから、中国人は観光客か?俺も他人のこといえん(笑)

ホテルに帰って来て、飲み物冷蔵庫に入れようとしたら動いてない・・・。部屋は満室で、修理の担当は帰っていてなくて、どっちも明日の10時まで無理とのこと。絶対言い訳っぽい。くそ(笑)

もう少しのところで、観光の中心をかすめて帰ってきてしまったらしい。ちゃんと下調べしてから行けばよかった(苦笑)

明日と明後日の予定を組む。青の洞窟に行くことを決意

夕食も同じ店に。
マジでうまい!トマトとケーパのリングイネと、トマトとモツァレラとプロシュートが豚肉に乗ってるヤツ。それと水で14.5ユーロ。うまいし安い。さすが地元の人は間違いない
ところでこの店、お昼も夕方も警官でいっぱい。多分中央駅の警備の人か。ちょー安全なトラットリア(笑)

帰り道、いつもの調子でちょっと遠回りして帰ったけど、アカン。道一本入ると灯りがない。これはマジで危ない
9時には陽が暮れるから、遅くの外出は控えよう。あと大きな道を通ること。

長いんで、解説は短い目に(汗)

  • いよいよナポリへ。
    途中のローマで乗客が入れ替わった。車内で、中国人の御婦人ご一行がトランク置くとこがないとまくしたて、近くにいた犬がそれに反応して鳴きちらかし、それを静めようと子供が叱りつけ・・・。車内はちょっとしたカオス。
  • ホンの5分間ほどでしたが、そりゃもう大変な騒ぎでした(苦笑)。しかも結局、中国人ご一行様は、席が違ったようで、どこかへ行ってしまわれました(笑)

  • 電車で知り合った日本人のご夫婦。二人とも京都出身の、東京在住らしい。結構いろんなところ旅行してはるそうやけど、「やっぱり地中海がお気に入り」とのこと。
  • 年に数回お二人で旅行に行かれてるとのことで、そのまた数回が海外だそうです。お二人の仲も良さそうで、何とも素敵なご夫婦でした。

  • ナポリ到着。中央駅周辺はややこしいって聞いてたけど、確かに街並みがややこしそう(苦笑)スラムっぽい。しかもホテルのすぐそばで黒人の露店が通りを埋めてるんで、ビビる・・・。
  • 道の両側を埋め尽くすように露店が並んでいます。しかも全員黒人・・・。いや別に偏見とか無いつもりなんですけど、純粋に威圧感ありました(苦笑)

  • 部屋に着いたら、狭い。まぁそれは気にならんねんけど(笑)、部屋でWi-Fi使われへんわ、セーフティーボックスないわ、クーラーないわ、間接照明だけで暗いわ、姿見はないわ・・・。もしこれでシャワーのお湯出ーへんかったら一昔前のヨーロッパホテルのダメなとこ勢揃い(笑)

    お湯出た(笑)

  • 特に説明いりませんね(笑)

  • ロビーでネットしてたら、隣の老夫婦がカードやらパスポートやらパクられたらしく、電話かけまくってる。バスかなんかの人混みでリュックの中をヤラれたとのこと。気ぃつけなな・・・。
  • まずはナポリからのジャブが一発(笑)確かに身なりの良さそげな外国人は狙われやすそうです。

  • ホテルの人に近くの店を教えてもらって昼食。マルガリータ美味し。たしかにピエロの看板ある。けど俺の記憶と大分違うねんけどホンマもんか?(笑)もし偽モンやったら笑うけど、俺の記憶のほうがアテにならんか。
  • 確認しました。全然違います!(笑)
    ナポリピザ公認の看板というのがあり、それがピエロの図柄なんです・・・。きっと同じような協会がたくさんあるのでしょう。・・・それとも、単にお店の看板なだけかも知れませんし・・・(苦笑)

    margarita

    これで約500円!奥は赤ワインにも見えますがよく見るとコーラです(笑)


    unofficial

    公認ピザの看板・・・ではありません。

  • 中心街を散策。いろんなところ見て回った結論としては、ホテルの周りは危険度Bランク。もっとヤバそうなところいっぱいあった(笑)
    多分その辺がB+で、まだ見ぬAランクが存在するはず。
    でも落ち着いて見てみると、ややこしそうではあるけど、どことなく親しみあるかも。やっぱ大阪と似てる・・・(笑)
  • どこがとは上手く言えませんが、雑多で活気あるところあたりがどことなく大阪を彷彿とさせます。

    strada

    小さな通りです。


    fountaine

    噴水がたくさんあるのです。

  • 車のスピードとブレーキとクラクションがハンパない。それでも歩いてる人は手で車を制して道路を渡る。もちろん赤信号(笑)
    お互いに間を取るというか殺伐とした空気はない。なんというか、強い。
  • コミニュケーション能力というか、掛け合い(駆け引き?)というか・・・(笑)このあたりも大阪のタクマシサと相通ずるところがあるかもです。

    road

    波うちっぷりがハンパないです。

  • ミラノには町中にごみ箱がないけど、ナポリにはある。もちろんナポリのほうが断然汚い。(笑)
    なんか一昔前の大阪と、今の大阪を見るよう。今のほうが綺麗やけど、明らかに不便になってる。良し悪しではなく、田舎と都会。街の”洗練”とはこういうことかな。ネズミの話を思い出す。
  • 少し社会派キドってみました(笑)

  • 地元の商店に入って、水と牛乳を購入。どちらも1L(笑)
    中で商品探してたら、外から子どもがやってきて(多分店の息子、8才くらい)、メッチャ嬉しそうに俺の世話を焼いてくれた。めさ可愛い!
    また買いに行ってやりたくなる。ちょっと遠いけど(笑)
    そして写真撮るの忘れたコトに気づく(苦笑)。
    よーし!もっかい行こ!
  • この時に一緒に写真を撮らなかったことを、後でとても後悔するのです・・・。
    その時々で、「あとでブログで使える!」とかっていう発想がそもそもありません。ていうか気づきません(苦笑)

  • ホテル周辺に帰ってきたら、露店が店じまいしてた。こうして見ると大分マシ。
    黒人は自ら商売してんのか、労働力として使われてんのか。そう考えるとアングラ感が和らぐ。
    それでも明らかに黒人と身なりの良くない人と中国人多し。この辺りはホテルが安いから、中国人は観光客か?俺も他人のこといえん(笑)
  • このあたりも、少し社会派(笑)

  • ホテルに帰って来て、飲み物冷蔵庫に入れようとしたら動いてない・・・。部屋は満室で、修理の担当は帰っていてなくて、どっちも明日の10時まで無理とのこと。絶対言い訳っぽい。くそ(笑)
  • 絶対言い訳でした(笑)

  • もう少しのところで、観光の中心をかすめて帰ってきてしまったらしい。ちゃんと下調べしてから行けばよかった(苦笑)
  • とにかく行き当たりばったりです(笑)

  • 明日と明後日の予定を組む。青の洞窟に行くことを決意。
  • 噂に名高い"カプリ島"です!

  • 夕食も同じ店に。
    マジでうまい!トマトとケーパのリングイネと、トマトとモツァレラとプロシュートが豚肉に乗ってるヤツ。それと水で14.5ユーロ。うまいし安い。さすが地元の人は間違いない。
    ところでこの店、お昼も夕方も警官でいっぱい。たぶん中央駅の警備の人か。ちょー安全なトラットリア(笑)
  • まぁね、ため息出るほど美味しかったです。少し塩味強めですけど。
    警官に囲まれての夕食です(笑)

  • 帰り道、いつもの調子でちょっと遠回りして帰ったけど、アカン。道一本入ると灯りがない。これはマジで危ない。
    9時には陽が暮れるから、遅くの外出は控えよう。あと大きな道を通ること。
  • 灯りのない道で後ろからゆっくりと車が追い越していきました。行き違いの車が通り過ぎても、前方で止まったままです。
    こらヤバイ・・・。車の横を通る時にドアでも開けられたら・・・!
    横を通る寸前で駐車車両の間を抜けて、建物との隙間から曲がり道に入りました。
    あのまま車の横を通り過ぎてたら・・・。
    どうなってたでしょうか?(笑)

    自分自身に注意を促す意味でも、メモ書き替わりに日記として書いておきました。

    何やら最後はスリリングな出来事で一日を終えました
    この物語はノンフィクションです!(笑)

    いかがだったでしょうか、ナポリ一日目。私自身としては、結構緊張の連続だったんですが、その感じが果たしてどこまで通じているか、甚だ心配ではあります(苦笑)

    ともあれ、翌日はなんとカプリ島です!
    あまりの楽園ぶりに、ブログにアゲるのが躊躇われた写真の数々(笑)。それをついに公開してしまいましょう!

    ・・・少し羽根を伸ばし過ぎの感は否めませんが大目にみてやってください・・・。あと少しはしゃぎ過ぎの感も・・・(苦笑)

    フォローはこちらで RSS 2.0 ご自身のサイトからは leave a response, または trackback でどうぞ。.

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です