いきさつ

禍福はあざなえる・・・

さて皆様、お楽しみ頂いておりますでしょうか「ペペロンチーノの作り方」。今回は、大きな難関であったイタリアでの買い付けを無事(?)乗り越え、その興奮もそろそろ収まってきたころのお話

直接イタリアで買い付けできることとなり、いろいろな問題を回避することができ、さらにはこれで大きな武器を手に入れることができたといえます。

とは言え、当初の予定では少しの思惑もあり、4月末から5月の初頭に掛けてのオープンを目論んでいたんです。ですがもうこれは完全に無理。止むを得ないこととはいえ、各方面での調整を余儀なくされることとなります

基本的には予定が後ろ倒しになったことで、スケジュールには余裕ができました。様々なことを怒涛の勢いでせねばならない覚悟は決めていましたが、逆にホッとしたのも正直なところですし、店舗デザインに関しては以前の記事の通りです

ただし、資金的、経済的にはそうも言ってられず・・・。

まずは様々な固定費。幸いにしてイタリアに高飛びしたのがテナント契約を結ぶ直前だったので(笑)、最も大きな負担となるテナント料に関してはひとまずは棚上げ。ただしこのコトで後に肝を冷やすことになるのですが・・・(苦笑)

残りは電話・ネット代金やサーバレンタル料などですが、まあこの程度の負担はやむをえないというか、ナントカやりくりしましょう(笑)

となると一番の問題は・・・。私の収入です(泣)。

勤めは3月いっぱいで辞めるつもりをしていましたから、それ以降の収入はどうするのかと(笑)

法人は立てましたが、利益の出てない時点で給料(報酬)を出せるような余裕などありません!(自慢げ)

というわけで、アルバイトしてました。派遣会社で
私、代表取締役なんです(笑)
こういうのを「身の丈にあった経営」というんですね?(絶対違う)

「社長、派遣社員で働く」

なかなかキャッチーです。
ビジネス書とかサザエさんのタイトルにありそうですね(笑)

いろいろバイトの面接にも行ったんですがなかなか雇ってもらえず心に軽く傷を負ったりもしたのです・・・(笑)。

幸いにして、うまくタイミングが合い、派遣の仕事を紹介してもらえました。紹介してくれた坪川氏と、採用していただいた中元氏に感謝です。しかも仕事が「倉庫内軽作業」というオチまで付いています(笑)  ※私の前職が限りなくそれに近いのです。

それにしてもホント坪川氏には世話になりっぱなしです。
もしお店を"彼女"にたとえるならば、仲人は彼を置いて他にはいないでしょう(笑)
そして実際に商売が始まれば、更に手を煩わせてしまう予感も・・・

坪川くん!これからもいろいろとよろしく頼む!!(笑)

と言うわけで、今回のお話はここまで。
次回はテナント契約でのドタバタ劇を(笑)

それでは皆さん、次回も見てくださいねー。じゃーんけーんぽん!
うふふふ。

・・・。

分かるかとは思いますが一応、サザエさんのエンディングです・・・(笑)

ひょんなことから男物のカジュアル専門店を始めてみようと思い立った男。どうせやるなら地元小阪の菱屋西でと決意する。 好きなものは、マンガ・推理小説・自作パソコン・写真・バスケ・サッカー。 詳しくはこちらをご覧下さい。 はじめまして。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です