真正面からGO!
イタリア紀行

真正面からGO!

さて本日の日記は2/14でございます。ついに初仕入を済ませ、今度こそ本当に後へは引けなくなってまいりました。こうなると逆に、予定の金額全てを使い切らなくてはいけません。そのあたりの葛藤は・・・今回まったく出てきませんね(笑)

それでは、2012,2,14でございます。

2/12
ショールーム「B」のElianaと衝突。でも引けへんかったでー!3%ディスカウントはお詫びのシルシか?(笑)
他にもジャケットとか良いのあったけど、明日出直すことに。

次のショールームはちょっと郊外。最寄駅から距離あるけど、写真撮りながら歩いて行こう

公園とかあって、残り雪がなかなか良い感じ。でもちょっと入ったところは多分ガラが良くないところやな。

初めてのマトモな食事。ペンネアッラビアーターッ!(^^)

お高いバッグ買ってもた。ノリやな・・・(苦笑)大丈夫か俺!

SestoLondの改札出たことのカフェで地元の人らと馴染みまくった(笑)なんかパスタ食べにこいって言うてた。奢ってくれそな勢いやったな。分からんけど(^^)

では解説を。

  • ショールーム「B」のElianaと衝突。でも引けへんかったでー!3%ディスカウントはお詫びのシルシか?(笑)
    他にもジャケットとか良いのあったけど、明日出直すことに。
  • Elianaとは(たぶん)そこのショールームのリーダーで、なにやら雰囲気はこの館の女主人といった感じです。そのEliana]が担当してくれたのですが、私が不慣れなためにマゴついているのが気に入らない様子。携帯に電話が掛かってきて通話を断ったり、「いやチャットも無理」とか言うてます(苦笑)確かに昼休みの時間も回っていたのですが、こっちは正直それどころではありません。なんかウッとしそうにしてるんで、「忙しいなら俺はほっといてくれてもいから、別の仕事してきてもいいぞ?」的なことを言ったのですが、そんなことはできないと。
    なら好きにしてもらおうと構わず検分を続けていました。そしてちょっと細かい質問をしたとき、ついにElianaがキレました「デザインはこれとこれとこれだけで、あとは生地を選ぶだけでしょ!!何をそんなに時間かけてウダウダする必要があるの!!」
    それほどの英語力がないので正確なところは分かりませんが、おそらくはそんなニュアンスのことを言ったんだと思います(笑)

    こっちも快く思っていなかったこともあって、メンチ切りながらこう言いました。
    「俺には充分な資金ないねん。だからメッチャ真剣に選らばなアカンのじゃ。頼むから俺にしっかり選ぶだけの時間くれや」

    ・・・いやー、カッコいいですね。このシーンだけでも映画になりませんか?(笑)

    冗談はさておき、このやり取りの後、Elianaがすごく協力的な姿勢に変わりました。こちらの必死さが伝わったのか、なにやら認めてもらえたのか。おかげでスムーズに発注を終えることができました。
    もう一つ魅力的なブランドがあったんですが、あんまりしつこいのもアレかと思い、次の約束の時間的にも中途半端だったんでひとまず退散。翌日改めて見に来ることに。

    ちなみに契約の後に、3%のディスカウントがあると言ってもらえたんですが、なんかお詫びのシルシでかと思ったんです。でも二回目も含め、他のブランドでもあったりなかったり・・・。未だ謎です(笑)

  • 次のショールームは結構郊外。最寄駅から距離あるけど、写真撮りながら歩いて行こう。
  • 時間が中途ハンパだったんで、散歩と時間つぶしがてら徒歩で。実はバスの乗り方を調べるのが面倒で・・・(笑)

  • 公園とかあって、残り雪がなかなか良い感じ。でもちょっと入ったところは多分ガラが良くないところやな。
  • canale
    つづく・・・
    snowremain
    残り雪
    shool
    たぶん学校

  • 初めてのマトモな食事。ペンネアッラビアーターッ!(^^)
  • きちんと食事するお店に入ったの、これが初めてでした。それまではファストフード的なピザやらパニーニやらしか食べてなかったのです。暖かい食事、美味しかったです

  • お高いバッグ買ってもた。ノリやな・・・(苦笑)大丈夫か俺!
  • 別にカバン買う予定はなかったんですがね・・・(笑)
    でも間違いなく良いモノです。きっと人気爆発ですぐになくなると思います。
    ・・・。
    数も少ないんでね(苦笑)

  • SestoLondの改札でたことのカフェで地元の人らと馴染みまくった(笑)なんかパスタ食べにこいって言うてた。奢ってくれそな勢いやったな。分からんけど(^^)
  • ホテルの最寄り駅(ただしホテルはここからさらにバスで20分)にあるカフェ。ここで夕食をと思い、入ったところ、地元のオッちゃんやらお婆ちゃんやらがいてて、なんだか盛り上がったのです。日本人、珍しかったのかもしれません。私もチョーシ乗ってアレが美味い、これも美味いとか言いまくったモンで、大層喜んでくれました。一人のオッちゃんが「ここのカルボナーラはメチャ美味いぞ!」としきりに薦めてくれたので、翌日食べに行くことにしました(笑)

    いかがだったでしょうか、本日の顛末。毎日何かしらあります(笑)
    でもElianaとは衝突したことによって、お互い信頼関係がより深まったことは間違いありません。翌日はすごく和気アイアイと商談が進みました。
    そしてカフェ。こういう出会いが一番旅の印象に残ります思い出の場所になりました。

    さてさて、今回はこれまで。さあまた次の日も・・・いや正直、もうそれほど大きな出来事は起こりません・・・(苦笑)。とはいえ、まだもう少し続きます。しばしお付き合いを!(笑)

    ひょんなことから男物のカジュアル専門店を始めてみようと思い立った男。どうせやるなら地元小阪の菱屋西でと決意する。 好きなものは、マンガ・推理小説・自作パソコン・写真・バスケ・サッカー。 詳しくはこちらをご覧下さい。 はじめまして。

    Leave a Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です