Notice: register_sidebar が誤って呼び出されました。「サイドバー 1」サイドバーの引数の配列で id が設定されませんでした。既定では「sidebar-1」です。id に「sidebar-1」を設定することでこの情報を消して、既存のサイドバーのコンテンツを保つことができます。 詳しくは WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 4.2.0 で追加されました) in /home/verocapo/www/wp-includes/functions.php on line 4778
ジェットコースターでGO! | ペペロンチーノの作り方

ペペロンチーノの作り方

~エレガンテでクラシコなお店を作る~

ジェットコースターでGO!

記述者 : 店主 - 7月 / 11 /2012

皆様、前回からの引き続き、楽しみにお待ち頂いておりましたでしょうか?(笑)
それでは早速、一つずつ解説を加えて参りましょう。

  • 感情の起伏が激しいな・・・。→自分
    • 情緒不安定とはまさにこのこと。人生でこんなにもナーバスになったのは初めてです(笑)高揚感とネガティブ全開とが交互に表出するという、まさにジェットコースターな心理でした(笑)

  • 出国後に時計忘れたのに気づく。激しく凹んだ。
    • お気に入りの腕時計があるんですけどね?ここぞという時にそれを忘れてしまい、相棒を失ったというか、ちょっと孤独感を感じたのを憶えています。服装にも云えると思いますが、身に着けることで精神的に鎧を纏うという部分が少なからずあるんだなと再認識しましたね。そして自分の情緒不安定ぶりも再認識しました・・・(苦笑)
  • てっちゃんと電話で話して、なんとなく決意固まった。
    • 当時事情を知る数少ない中の一人である笠松さんに、搭乗前に挨拶をしました。内心はビビッてた部分もあったんですが、そこはやはりツッパって決意を口にしました。そのことで少し冷静になれたというか、本気で腹をくくれたように思います。笠松さん様々です。
  • 搭乗前にホテルがかなりミラノの外れにあることに気づく。こりゃバスに乗るのが最初の難関か?(笑)
    • 一応ネットでちゃんと確認したはずなんですが、思っていたよりかなり郊外でした。値段に重きを置きすぎましたかね・・・(苦笑)今頃になって気づいたのと、向こうに着くのが少し遅い時間でしたから、軽く焦りました(笑)
  • KLMの機内食美味し。最近のはどこもこんなモンなんか!?
    • ずいぶん長い間飛行機に乗ることなんて無かったものですから、良い時代になったなぁとか思っていたのですが、先日トルコエアラインに乗ってはっきりしました。KLMの機内食は美味い!!(笑)
  • 飛行機の隣は女子大生。キャバクラぽい(笑)でもあいかわらず人生相談風(苦笑)
    • ワタクシも紳士の嗜みとして、何度かキャバクラなるモノに足を踏み入れたことがあるのですが(笑)、いつもいつもなぜかオネーちゃんの人生相談風になるのです。いーっこも良い雰囲気になりません(笑)まあこの時もそうだったというだけの話です。ロンドンにホームステイするとのことでした。
  • やっぱ上手いこといくわけないよなー@アムス
    • 乗換えでアムステルダムにいる時のこと、ふと我に返ったかのように大きな不安に駆られました。
      実際のところ、行ったところで契約事的な部分で売ってもらえないかもしれず、売ってもらえたとしても、”これは!”という商品が無いかもしれません。それに買って帰ったは良いが、それがまったく売れないというのが一番傷が深いよな、なんて考えたりもして。
      情緒不安定、ここに極まれりです(笑)
      ちなみに最後の不安に関しては、いまだ完全に払拭されたわけではありませんが・・・(苦笑)
  • 家族三人連れの奥様に褒められた。ちょっと勇気出た(笑)日本人いっぱい。ナガトモ。
    • ここは少しきちんとご説明しましょう。乗り換えの搭乗待ちで、向かいのイスに、50~60代のご両親と大学生くらいの娘さんの三人連れがいました。英語のアナウンスが聞き取れなかったらしく、うろうろされてたので声を掛けました。そこから待ち時間の間少し話をしたのですが、その時に「お仕事ですか?」「はいそうです。」的なやり取りがあり、「ファッションのご関係で?」みたいに言われました。「はいそうです。」と応えると、「あー、やっぱりそうですか。スタイリッシュな方なんで、きっとそうかと思いました。」と言って下さったのです。
      正直”スタイリッシュ”ってなかなか耳にセンなとは思いましたが(笑)、すごく心が軽くなったというか、何か認めてもらえたような思いがしました。まあこれも心細さの反動でしょうけど(苦笑)
      ただ惜しむらくは、商売の売込みができなかったこと!(笑)
      大阪にお住まいの方で、良い身なりをされた上品なご家族でした。なんてったって三人でイタリア旅行ですから!(笑)。でもさすがに商売のメドが立ってなかったんでね・・・(苦笑)。
      いやいや!そんなことよりもこの時は何物にも代えがたい勇気をもらいましたから。まさにちょうどネガティブ思考が頂点のタイミングだったので、ホント救われました。感謝です。もしもう一度お会いできたらウチの商品でキメていただいて、恩返ししたいところですね。

      あと、乗り換えの飛行機に日本人がいっぱいいて、どうやらみんな長友目当てにイタリアへ行くようだと教えてもらいました。さらにインテルの相手がノバラなんで、当日券で試合が見れるだろうとのこと。余裕が無いながらも、そうなんか行ってみよっかな、なんて思ったわけです。

  • イタリアに着くとそこは雪だった。。。
    • まあ雪でした(笑)とっぷりと陽も暮れていたんで、心細かったのは確かです(苦笑)
  • 空港からミラノ行きのバスにおった娘メチャ可愛い。でもきっと中学生くらいか...?(笑)
    • いやね、とんでもなく可愛い娘がいたのです。ちょっとびっくりするくらいの。外国人の年齢ってよく分からないんですが、でもよく見るとひょっとして中学生くらいかなと。全然そんな風に見えなかったんですけどね。
      まだイタリアに着いて女性を数人しか目にしてなかったんで、イタリア人クォリティー高えっ!て思いました。後にそうでもないことが判明します(笑)
  • 最寄り駅からバス。運転手がイカついけど、優しく乗り方教えてくれた。
    • バスの乗り方はまったく予習してきてなかったんで(笑)、ホッとしました。やっぱり人は見かけによりません
  • 無事ホテルに到着。えぇ部屋や。
    • 地下鉄の端っこからさらにバスに乗って20分。正直難儀なトコロにあったんですが(笑)、部屋は良い部屋でした。

    今こうして改めて振り返ってみると、実に些細なことで喜んだり凹んだりしてますね。気持ちが弱っているのが良く出ています(笑)。
    切羽詰って”やるしかない!”という気持ちと、”どうせやから楽しもう”という気持ち、アカンかった時の身の振り方を冷静に考えたり、弱気になる自分の気持ちを奮い立たせたりと、様々な心理がない交ぜになったあの感じ。まぁ当然といえば当然かもしれませんが、私の人生の中でも特筆すべき、なんとも疲れた一日でした(笑)

    Milano

    ミラノ

    (次の記事)   »

    フォローはこちらで RSS 2.0 ご自身のサイトからは leave a response, または trackback でどうぞ。.

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です