Notice: register_sidebar が誤って呼び出されました。「サイドバー 1」サイドバーの引数の配列で id が設定されませんでした。既定では「sidebar-1」です。id に「sidebar-1」を設定することでこの情報を消して、既存のサイドバーのコンテンツを保つことができます。 詳しくは WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 4.2.0 で追加されました) in /home/verocapo/www/wp-includes/functions.php on line 4778
意義あり! | ペペロンチーノの作り方

ペペロンチーノの作り方

~エレガンテでクラシコなお店を作る~

意義あり!

記述者 : 店主 - 5月 / 18 /2012

諸事情により掲載内容を一部変更してお送りいたします。予定されていた内容の次回掲載予定は今のところ未定です
(意味が分からない方は、こちらの「どんなのがお好き?」をご覧ください)

事業をするにあたり、その根幹となるべき「存在意義」。世に必要とされているものは何か。またそれを提供できるのか。そんなことを考え始めました、ガラにもなく(笑)
偉い人の話を聞くと(聞きかじっただけですが)、大切らしいですね?そういうの(笑)

まあえぇ加減な性格のわりに、一通り考えました。その詳細を書き連ねようかとも思ったのですが、そこはまだ何も成し遂げていない、ましてや一円たりとも稼いでいない身。
偉そうなことを言えば言うだけ自らの首を絞めることのなりかねませんからね!(笑)
というか、ソンナンこっ恥ずかしいです。恥ずかしがり屋なんです(笑)そもそも説得力もないですからね。

んで何よりも、おそらくそんなの読んでもオモロないでしょ!?ブログ的に。これが一番サムい!
あれ?なんか今このブログ自体の存在意義が揺らいだような気が・・・。

 

 

とまあなんやかんやいうとりますが、とりあえず結論だけ。

  • 「服飾」に対する低い評価を覆す。服に対する価値観の再創出。
  • こだわることにより得られる、注力に見合っただけの満足や幸福を提供する。
  • 人が集う空間を創り、新たな人のつながりを構築できる環境を提供する。

どうでしょう、悪くないと思うんですが?(笑)

ちょっとだけ解説を加えるなら・・・。

不景気だの暗い世相だの言われていますが、その中心に鎮座するお金

お金があれば幸せ。お金がなくとも幸せ。どちらも正しいし、間違いともいえる。
その両極端を考えたとき、それぞれ行き着くもの、それは「ある」ほうはモノ、「ない」ほうはでしょうか。
あるのに不幸。ないから不幸。
そのバランスが著しく崩れているように思うのは私だけでしょうか?

あればあるだけの、ないならないなりのバランスをとることが求められているように思います。

要するに、世の中に楽しいことが不足しているんではなかろうかと!!(シンプル)

とうわけで、それらのことを提供すべく、そんなお店を開くべく、東奔西走することを誓った訳です。

・・・。

さあやはり予想通り、話がカタい!(笑)もう少し肩の力を抜きましょうか(自分)
ではここでもう一度、うちのお店のセールスポイントをあらためて列挙してみましょう!

  • 年配の方やおしゃれに消極的な方大歓迎!
  • 存分に試着してもらえるお店。買う買わないは別の話!とにかくまずは試してもらってから!
  • 価格以上の価値を得てもらうお店。素敵な商品を置きましょう。そして物だけでなく付加価値をお届けできるように!
  • どんなことでも相談に乗る、掛かりつけの洋服屋を目指します。いやあの、できれば価格交渉以外でお願いします・・・(苦笑)
  • 店主とお客、お客とお客をつなぐ、コミュニティー形成の場となるお店。うーんなんか言葉にすると胡散臭いなぁ(笑)
  • その他にも、楽しいことちょっと変わったこと役に立つこと立たないこと。そんなものもお届けできればなと思っています!!

ここまで読んで頂いて、どんな感想をお持ちになったでしょうか?
そんなん無理とか、できたら苦労せんわとか、おもんないんじゃぼけとか・・・。
でもちょっとでもいいなと感じてもらえたのであれば、私の商売も見込みありです!
あとはどうやって現実に落とし込んでいくかだけ。もっともそれが一番難しいんでしょうけどね(笑)

私の理想とするカタチ。まだまだ説明したいことは山ほどあります。でもとりあえず私の立ち位置のおおよそのところは伝わったのではないでしょうか。理想についてはまた機会がありましたら(ネタにつまったら)、改めて書くことにしましょう(笑)

次回からはこれを踏まえて、実際にどのような動きをしていったのかを順を追って綴っていきましょう。

いやその前に、「Peperoncio」について説明しないとですね。身内からはボロカスに言われているこの店名(笑)

なぜそんな名前の店にすることにしたのか。その驚愕の真相が、次回明らかに!!

なぜこんなのしか思い浮かばないんでしょう?まぁ揶揄ってると思ってお許しください(笑)

ちぇきらっ!(古)

(次の記事)   »
«   (前の記事)

フォローはこちらで RSS 2.0 ご自身のサイトからは leave a response, または trackback でどうぞ。.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です